16年目の朝に想う。

9・11から16年。世界を震撼させた米国でのテロ、米軍はアフガンを攻撃してタリバーン政権を崩壊させた…これで終わったのかと思っていました。しかしその後に起こる数々のこと、言いしれようのない不安と恐怖が続いています。犠牲者やそのご家族のことを想うと許せないことで、そこに正当性はない。。ただなぜこうなってしまったのだろう。。アフガンの映画を撮った監督の言葉「この国に埋められたのが地雷でなく、小麦の種であったなら…落とされたのが爆弾ではなく書物であったなら」。やられたらやり返す、で解決出来るのだろうかと武力の限界を感じています。
a0307846_10060718.jpg

[PR]
by satoblog310 | 2017-09-11 10:08 | 日々のこと | Comments(0)

こんにちは。Satobooです。布モノ、ちくちく制作ひとり言。雑貨のお話、旅のお話、ねこのお話。


by satoblog310
プロフィールを見る
画像一覧